投資物件はアパートを選ぶ【トータルコストカット】

住宅街

投資用の物件選び

建物

投資物件としてアパートが検討されることが多くあります。マンションと比べると様々な利点を持つことが理由となります。例えば同じ投資金額を投入する場合、マンション一棟を購入することは難しいので、複数の部屋を購入することになります。この場合、アパートであれば土地も保有することになるので、財産として残ることになります。また家賃の利回りを考えても、マンションよりも高いものが多くなります。家賃設定も低めにできるので、賃借人もつきやすい利点があります。また複数の部屋を有することになるので、空室が出てもリスク分散とすることができます。このように投資物件としては収益性が高いことが、人気の高さの理由となるわけです。

投資物件としてアパートを選ぶ際に、気をつけておくべきことがあります。マンションとは異なり、アパートは外壁などの補修も必要になるということです。メンテナンスを割とこまめに行う必要があるので、その分出費が増えるわけです。また、外壁塗装を定期的に行っておかなければ、建物の劣化が進むことになります。また、投資物件としての価値の高さも大事な要素です。一括借り上げを利用する場合、その金額設定は資産価値の高さに比例することになるからです。賃貸需要が多くなるために、空室率は低下します。逆に空室率が高まるようであれば、借り上げの収入も少なくなるか、あるいは契約そのものを行えなくなります。このような点に注意して物件選びをする必要があります。